あなたのお気に入り記事

  • お気に入りは空です
FavoriteLoadingお気に入りを全て消す

お気に入りリストが保存されました

大阪AWAKING ☆5 「一本道の凌辱つるみく。シナリオ書きやすいので凌辱は分岐なしにすべし」

つるみくエロゲー属性「黄金」,エロゲー属性「断面図」,エロゲー属性「プレイ動画あり」,エロゲー属性「メスガキ」,エロゲー属性「キャラ」,エロゲー,エロゲー2017,エロゲー価格4k,エロゲー属性「凌辱」,エロゲー属性「エロ」,エロゲー☆5,エロゲー属性「聖水」

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

ギル評価Ⅴ 作品名でGoogle検索 4,180円で評価

つるみく より販売されている今作。

こちらの 大阪CRISIS ☆5 の続編となります。

話のつながりもありますし、前作自体の出来が非常に良いのもあってプレイをオススメします。

さて、今作はつるみくらしく、凌辱一本道です。面倒な分岐などはありません。
※ただし道中での膣内射精or膣外射精で奴隷ENDか妊娠ENDかの分岐などはあります。
詳しくはこちらの攻略 大阪AWAKING 攻略 [ 気がつけば複数買い。 ] が参考になるかと思います。

基本的にプレイ開始時からシナリオ分岐などはなく、中出しor外出し、その他差分のような分岐選択肢のみで、シナリオは基本一本道です。

攻略順番が固定なので、ヒロインが無駄なく使われてます。先に攻略したヒロインが後の別ヒロインでの攻略に利用される、といったものですね。
よくあるエロゲーとして、とあるヒロインのルートに入ると他ヒロインが消えるといった無駄な現象が排除されてます。
凌辱モノは全部この一本道方式が良いと思います。純愛系とかだと一人のヒロインしか攻略できないので仕方ないとは思いますが。

浣腸が大量にあり、基本下痢便がシャワーのように吹き出す描写が多いので、固体のウンコが出てくるのが見たいという方はご注意を。(固体ウンコのシーンもありますが2シーンくらいしかない)

断面図も使い回しがいくつもありますがそこそこエロいので良かったです。

CG108

前作大阪CRISISからのキャラも居て嬉しい。千鶴と忍が助手としてメインシナリオにがっつり絡んできます。

当然エロシーンもあります。

複数プレイも多々あります。

浣腸シャワー!

婦警の聖(まりあ)も遠慮なくレイプ。媚薬を麻薬と誤解してパニックになるのはかわいそうですが面白いwww
気弱な千鶴が真顔でしかけてるのもまたいい味を出してます。ほんまこの娘はいい助手やでえ・・・
そして数少ない固体ウンコシーン!アナルそのままで差分ウンコなので雑コラに見えるのが残念。

ジジイだろうが容赦なく処女喪失に使われるのがつるみくクオリティ!(選択肢で主人公にも変えられます)

フィストファックは毎度のごとく搭載。断面フィストがエロいぜ!

そしてやっぱり全員ハーレム&妊娠ENDも用意されてます!(各ヒロインの非妊娠奴隷END&妊娠END&姦楽街送りENDもあります)

プレイ動画。はじめから調教準備くらいまでです。

攻略ヒロインは全て堕ちて主人公にメロメロなメス奴隷になります。なので痛々しい凌辱は最初だけです。

なお、他の男の相手をさせることもかなりありますので、独占欲の強い方はチンポがイライラします

メス奴隷のご主人さまになってモテモテハーレム気分を味わいたいならオススメの一本です。

つまり、私にはどストライクだったゆえの☆5です。逆にご都合主義嫌いとかシナリオ分岐はほしいといった方は☆3切るかな。。。



購入はこちらから(FANZAアフィリンク)



姦楽街建設による ‘‘大阪再建プロジェクト’’ の導入から早2年──
大阪の財政は見事に立て直され黒字に転じたものの、大阪代表・柿本透はこれ以上の経済成長の頭打ちを感じていた。

「今の大阪は無駄が多い──
せっかくの収益も、既得権益に群がる豚共のせいでダラダラと垂れ流されて理想的な経済効果が得られていない。
それでも充分な成果と、連中は言うだろう。
だがそれではダメだ── ただプラスに転じるだけではなく、この大阪を日本の二大首都と呼ばれる巨大都市に押し上げたい。
東京に、並びたい──」

日に日にその想いを募らせていた柿本は、自身を支持する者たちと新たなプロジェクトを発足させる。

それが、‘‘大阪再編構想’’──

細分化した市町村を再編して一から作り直し、行政上不要なものは排除して己の手で最も効率良く各自治体へ収益の分配を行う。
ようするにこれは、改革である。

しかし改革には抵抗勢力が付き物──
既得権益にしがみつく連中の反応は想像に難くない。
排除には、力を要する。

「──再び、彼の力が必要だ。
どんなことをしてもこの改革を推し進めるには、もう一人の自分とも言える存在──
──倉嶋蓮司の力が」

柿本は強い意思をその瞳に漲らせ、電話を手に取った──。