あなたのお気に入り記事

  • お気に入りは空です
FavoriteLoadingお気に入りを全て消す

お気に入りリストが保存されました

女装創世記 ☆4 「あおぎりぺんた先生の男の娘シリーズの終着点」

の~すとらいく,脳内彼女エロゲー価格2k,エロゲー☆4,エロゲー属性「マゾ」,エロゲー属性「ショタ」,エロゲー2021

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

ギル評価Ⅳ 作品名でGoogle検索 1,650円で評価

ロープライス女装シリーズの最後の作品。(のはずです。終わりがボテ腹だったし過去作男の娘集合一枚絵もありましたし)

純粋なエロ面白さで言えば 女装神話 ☆4 の方が上でしたが、終わりがちゃんとあるので今作もプレイしておきたい一本ですね。

CG19 ※カットイン5枚含まず

エロスはほどほど。あおぎりぺんた先生の過去作男の娘が勢ぞろいした終盤の1枚絵は嬉しいですね

緋和がショタ枠だったのに大人の褐色お姉さん男の娘になってしまい残念でした。色白ショタを終盤分身で生み出してちょっとありますが、やはりこれは違う。

魅力的なロリキャラがサブキャラでいて、攻略したいと思ったら次回作で攻略ヒロインに昇格!だけどプレイしてみたら大人のお姉さんに成長しててエッチシーン、みたいな残念さ。

ロープライス男の娘シリーズの最期としてなんとか締めた一本ですね。



購入はこちらから(FANZAアフィリンク)



【男の娘の新世紀がやってきた!】

■コンセプト

おかげをもちまして女装シリーズ十周年記念作品!
あの女装山脈をてがけた、「あおぎりぺんた×西田一」コンビによる「女装神社」「女装神話」に続く実質続編。
前作では、女装を否定しながらもメス覚醒する男の娘との恋愛を描いたが、今作では、女装にまつわる全ての因縁を解決し、ついに全ヒロインと結ばれるまでを描く。
世界よ刮目せよ、これが真の男の娘だ!


■ストーリー

環と昴による男の娘との恋愛禁止騒動もひと段落して、平穏を取り戻した主人公たち。
ようやく大祭への準備にとりかかろうと思ったらポンコツ神であった緋和の正体は、太古の昔より存在する強大な混沌神だった!
世界の全てが混沌の闇に飲まれようとしたとき、絶望の淵から男の娘たちが立ち上がる。
果たして奇跡は起こるのか?人と神、男と男の娘、そしてすべての人類を祝福する新たなる創世の物語が、今始まる!
男の娘に祝福あれ!