あなたのお気に入り記事

  • お気に入りは空です
FavoriteLoadingお気に入りを全て消す

お気に入りリストが保存されました

EXTRAVAGANZA ~蟲愛でる少女~ ☆5 「虫蟲、グロも猟奇もエロもダークシナリオもいっぱい、人を選ぶ玄人向けエロゲー」

サイクエロゲー,エロゲー属性「凌辱」,エロゲー☆5,エロゲー価格5k,エロゲー価格10k,エロゲー属性「ロリ」,プレイ・閲覧注意!,エロゲー属性「シナリオ」,エロゲー属性「キャラ」,エロゲー2006

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

ギル評価Ⅴ 作品名でGoogle検索 4,889円で評価

※FDなど入った全部入りが9,981円なのでエロゲー価格10kタグを付けてます。

Black cyc より販売されている猟奇的蟲エロゲーです。

まだBlack cycの作品はこれだけしかやってませんが・・・すごいですね。

凌辱エロゲーは結構ありますが、暗い雰囲気でのグロテスクなエロはこのメーカーだというのが私の印象です。

この作品は エログロ 表現が多々というかほとんどで全体的に暗く緊迫感がありますので嗜好が合わない人はやめたほうが懸命です。

仕込まれた蟲を出産しています。出産までやるのはこの作品と MONSTER PARK くらいしか思いつきません。
蟲もデフォルメされてないのはこれはこれでいいですね。

以下3つのシーンはこの部屋に固定された夢美のシーンです。

お腹の大きな女たちの部屋のようですが・・・

敵の男がフィストファック!
男がエロ目的じゃないのがまたエロさを感じさせる!

逆さに固定されてチューブで食事。敵の男の助手が自分の精液や尿を流し込み、
さらには夢見の排泄物も流すというマニアックなプレイをやります。

と、マニアックなシーンを選んで抜き出したんだろうと思われるかもしれませんが全編通してこんな感じです。

シナリオもエロもかなりのボリュームがあり、フルプライスに恥じない内容となっています。(2021年10月現在ではミドルプライスです)

私の評価としてはもう少しで☆5になる☆4ですね。傑作とするにはもう少し”何か”が欲しかったです。 ←ミドルプライスに値下げのため☆5

良作以上は間違い無いと思うので、暗い雰囲気、エログロ、  、 猟奇 、 スカトロ 、いずれかが苦手でなければ是非。

本編にFD全部入りの豪華セット購入はこちらから(FANZAアフィリンク)



EXTRAVAGANZAのシリーズ8点の作品をひとまとめにした豪華セットが登場です!!!


■収録作品

◇EXTRAVAGANZA〜蟲狂編〜(ワイド画面対応/Windows10動作版)
シリーズ最後となる新規スピンオフ作品。
本編では描かれなかった物語が、ついにベールを脱ぐ。

◆EXTRAVAGANZA〜蟲愛でる少女〜(Windows10動作版)
2006年10月27日に発売されたシリーズの本編となる作品。

◇EXTRAVAGANZA〜末路の果てに〜(Windows10動作版)
2008年11月28日に発売された『フルメタルBOX』の特典物。
美弥香と綾佳に追加された、BADENDのさらに先の物語。

◆AGEHA〜EXTRAVAGANZA〜(Windows10動作版)
2009年5月31日に発売されたスピンオフ作品。

◇うぇるかむ★とぅ AnzU(Windows10動作版)
『EXTRAVAGANZA〜蟲愛でる少女〜』の初回特典。
夢美(蛹蟲編)とアゲハが、あなたに優しく平和にご奉仕致します。

◆夢美陵●(Windows10動作版)
『EXTRAVAGANZA〜蟲愛でる少女〜』のメッセサンオー様購入特典。
選択にに応じた責めを、夢美(成蟲編)に与えることができます。

◇レンと蟲クンのいちにち(Windows10動作版)
公式サイトで開かれた人気投票の御礼ゲーム。
レンと蟲クンのほのぼのとした日常が描かれています。

◇EXTRA VA MIZUNA(Windows10動作版)
2008年8月29日にWhiteCycより発売された『恋する式(おとめ)〜SHIKIGAMI 2008〜』のCycMembers会員限定オフィシャル通販特典。蟲愛に登場した史郎が、玄武の巫女に過激な責め苦を与える。

本編だけの購入はこちらから(FANZAアフィリンク)




薄汚れた床の上に、少女の子どもは産み落とされた――。

救いの手はなく、抗うだけの力も持たず、ただ道具として扱われる日々。
求められた苗床という役目は、少女から家族や友人、普通の生活、
そして処女といった様々なものを奪い、薄暗い部屋へと閉じ込めた。
眼前に在るのは、おぞましき異形の生物。
腐臭漂う粘りついた触手が、少女のきめ細やかな柔肌を這いずり回り、
ありとあらゆる孔に潜り込んでいった。

終わりはどこにあるのか。
果てには何があるのか。

膨らんだ腹の中で何かが蠢く苦痛に苛まれながら、
やがて少女は汚物とともに蟲を産む。
快楽と苦痛の終わりに、恐怖と狂気の果てに、自らの子供を胸に抱いて泣いた。

「あたしと一緒に……来る……?」

唐突に得られた自由。
月の明るい夜に、少女は久しぶりに外に出た。
血まみれのシーツを身にまとい、裸足で冷たい大地の上に立つ。
行くべき場所などなかったが、少なくとも独りではない。
傍らでは一匹の蟲が、まるで母親に甘えるように少女の足に擦り寄っていた。

そして――以降十五年に渡る、少女の物語の幕が上がる―――。


【同梱特典】単体動作版『うえるかむ★とぅ AnzU!』付