このページのPV(2024年2月から計測)

あなたのお気に入り記事

  • お気に入りは空です
FavoriteLoadingお気に入りを全て消す

お気に入りリストが保存されました

プライマルハーツ2 ☆3 「2という続編の宿命、比較。跳ね除けられず正直前作の劣化」

ま~まれぇどエロゲー,エロゲー☆3,飛ばしプレイ,エロゲー価格8k,エロゲー属性「キャラ」,エロゲー2015

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

ギル評価Ⅲ 作品名でGoogle検索 7,945円で評価

こちらの プライマルハーツ ☆4 「エロイチャ重視のキャラエロゲー。シナリオは皆無なり」 の6年後の世界が舞台の続編モノです。

今作は前作が好きであるほど正直ガッカリします。続編という要素が、縛りという悪い方向に作用してしまった印象です。

私はアリス→真白→兎姫→たてはでクリアしましたが、面白い順でいえばアリス>>真白>>たては>>>>>兎姫。

なお、前作は全ヒロインがアリスルートや真白ルートと同じくらい面白かったです。

もしこれからプレイされるなら、たては→兎姫→アリスor真白がオススメです。

CG79 ※SDなど15枚除く

前作のビッチさんの弟が主人公です。ブラコンの姉はエロゲーやエロ漫画ではド定番ですが、前作ファンだとなぜかNTR感を持ってしまう複雑な心境。

アリス(邪神さん)ルートは前作カナカナエンド後の世界です。各ヒロイン、別ヒロインエンド後の世界で描かれてます。

トレーニングのために生放送を主人公と行うアリス。SDとキャラがくっそかわいいお気に入りのシーンです。

カナカナリスペクトルートかと思いきやまさかの聖良リスペクト。肝心の聖良エンド後の真白ルートでは聖良出番なしという

真白はくっそいいキャラしてます。今作も月華会は人数少ないです、が、キャラが強いので天道会と対等です。

動くオナホール宣言(゚∀゚)キタコレ!!

初体験が事故でアナルに。そしてアナルヒロインになってしまうのは自然な流れです。

エッチな勉強してるシーンはニヤニヤしてしまいます(^ω^)

真白ルートは聖良エンド後、ですが聖良の出番なしという残念さがあります。

他のルートヒロインは出番があるのに。。。ヽ(`Д´)ノウワァァァン!!

おかあさんに教えてもらった脇ツンで兎姫を説得します。

兎姫ルートは陽姫エンド後の世界。安定のロリコンバカップルでニヤニヤ。

たてははゆづきエンド後でゆづきの劣化コピー。主人公のオタク要素で差別化がなんとかついてる感じです。

SDやキャラはいいんですが、やっぱりゆづきの方が良かったので劣化ゆづき~の印象が強いですね。

前作のゆづきは初エッチの前に店長に「初エッチのためにスキン買ってきます!」ってメールを主人公に誤送信するという展開があったりして面白かったです。

が、今作たてはは、好感度マックスのクラスメートとイチャイチャしてるだけのルートですね。

アリスのエッチシーンは見ごたえあり。嬉ションヒロインとかおいしいいいいいwww

シンプルにロリ巨乳がエロいし、シックスナインもええですねえ。

意外にも兎姫ルートがエロ含めていまいち。ゴムつけてゴムいやっていう予定調和みたいな展開も退屈。。。

真白との初エッチシーン。最初からどう見てもアナルの位置だったんですが、やっぱりアナル挿入になったときは笑いました。

CGがシナリオを先回りしてしまったパターン。

そしてそのまま事故でアナルヒロインになってしまった真白。だがそれがいい。

朝フェラは鉄板ですがまさかのケツ穴舐めヒロイン!

断面図すら用意されてる徹底ぶりはエロい!

シーンは多いけどなぜかエロスをあまり感じないたては。アリスと真白ルートの出来が良いから比較してイマイチに感じるってのもありますねえ。

前作にはなかったサブヒロインルートもオマケ的にちょっぴり用意されてます。

今作をプレイして思ったことは、ファンディスク的なことを表現したいならファンディスクでやれ、ですね。

ビッチさんの弟を主人公にしたのは失敗ですね。(ビッチさんは好きだったので複雑なのですが)

このせいでビッチさんが頻繁に出てきて前作と常に比較してしまい、劣化プライマリハート1って感じがひしひしあります。

前作つながりの話ですが、唯一出番なしの聖良が不遇です。

アリスルートや真白ルートは文句無しで面白かったです。たてはルートは山場もなく、まさに劣化ゆづきルートですね。

問題は大本命だった兎姫ルート。期待してたのですが、一番面白くなかったです。

まず、アイドルって時点でスキャンダルでピンチになりそうだなーってプレイ前から思ってたんですが、まさかそのとおりの展開で悪い意味で笑えました。

そして問題の解決は前作のキャラが全部やってくれましたってなんじゃそりゃーですよ。シナリオライターがシナリオをぶん投げたのかと目を疑う展開でした。終わりよければ全て良しかと思いきや終わりすら納得いかない。。。

前作をプレイして面白いと感じたファンほど今作はガッカリするんじゃないかなと思います。

面白い設定で面白い作品、その続編を作りたいってのはわかるんですが、今作は悪い方向に仕上がってしまったなーという感想です。

アリスルートや真白ルートが良かっただけに悔しいですが。

2021年12月現在なら前作1とのセットのほうがお得です。今作2だけの単体はあまりおすすめしません。
Amazon購入フレーム

Amazon購入フレーム

購入はこちらから(FANZAアフィリンク)





「私たちの学園へ、ようこそ!」

夏休みが終わり、文化祭や体育祭といった秋のイベントを迎える新学期。
姉の薦めのまま転入を決めた俺は、新たな生活への期待に胸を躍らせていた。
そう、校門をくぐるほんの数分前までは――

俺の転入する間ノ島学園には2つの生徒会が存在し、互いが常に競い合っていた。

月華会
月華会は学園設立時から存在する由緒ある生徒会。
月華会を支持する生徒達はノーブル感溢れる深緑色のロングスカートの制服を着用している。

【アリスティア】「……月華会に入って、お友達になって」

天道会
天道会は月華会の後に創られた新しい生徒会。
エンジ色のボレロ、プリーツのミニスカートにネクタイなど、最新の流行を取り入れた制服を着用している。

【兎姫】「天道会で、一緒に学園を盛り上げちゃおう!」

運動部が月華会、文化部が天道会を支持するという代理戦争状態に巻き込まれ。
しかも、状況は五分と五分で膠着したまま。どうやらその均衡を崩すのが、俺が持っている最後の1票らしい。
聞いた話によると似たような状況が6年前にもあったらしく、勝手な期待をかけられた俺は、転入初日から引っぱりだこになってしまう。
なんだか姉から聞いていた話とはだいぶ違うような気が……!?

【真白】「運動部と文化部の皆さんには、仲良くして欲しいです」

【たては】「転入生くんの1票があれば、何かが変わるかも」

静かな学園生活をおくる計画だったのに777人目の生徒として注目を一身に集めてしまうなんて。
777でラッキーどころか、超アンラッキーな事態になっちゃったのかも!?

2つの生徒会に加えて部活の争いまで絡んできて、俺の新生活は早くも波乱含みになってきたような気がした――