あなたのお気に入り記事

  • お気に入りは空です
FavoriteLoadingお気に入りを全て消す

お気に入りリストが保存されました

孕ノ胤 ☆5 「子作りを迫る女性たちに興奮する凌辱シチュの鬼才」

TinkerBellエロゲー,エロゲー属性「凌辱」,エロゲー価格3k,エロゲー属性「エロ」,エロゲー☆5,エロゲー☆5-,エロゲー2010

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

ギル評価Ⅴ 作品名でGoogle検索 3,300円で評価

TinkerBell より販売されている作品です。
フルプライスで☆4付けてたのですが廉価版で3150円になってたので☆5としました。

主人公が美人姉妹相手に種付けをするというお話ですね。ただしダークな世界観で、です。
ギャグ要素はほとんど無いのでご注意を。

CG71

ダークな世界観で寒村に主人公が赴き美人姉妹に種付けする、というフレーズにピンときた人はいかがでしょうか。

購入はこちらから(FANZAアフィリンク)





舞台は雪に閉ざされた寒村。
失踪した先輩記者・国枝の行方を捜し、雑誌記者である冬木要は
カメラマン・春日ひなたと共にこの村にやって来た。
要たちを温かく迎えてくれたのは、この村の分限者・松館宗治郎と
その後妻、そして二人の娘たち。
要たちはしばらくの間、この松館の屋敷に逗留することになった。

しかしある夜、松館家の長女・椿が
「次の巫女を産むために、あなたの精子を私に下さい」
と言って要に迫ってくる。

この村には代々奉られてきた「巫女」が存在していた。
真っ白な髪と真っ赤な目を持った「巫女」――。

「巫女」を産むため血族結婚の繰り返されてきた過去。
今はその弊害を避けるため、村外の男を「胤」にして、巫女の血筋
である松館家の娘が「次の巫女」を産むしきたりになっているのだ。

その日を境に、要と松館の人間との執拗な交合の日々が始まる。
椿だけでなく、次女の桜、そして松館の後妻の緋沙子までもが
要を求め、誘惑の手を伸ばしてきた。

閉ざされた雪の中、官能の罠が要をがんじがらめにして離さない。
けれどもやがて、要は秘匿された真実を見出していく――……

ストーリーを紐解くうちに徐々に明らかになっていく真実。
巫女の存在・登場人物たちの思惑・「胤」とはいったい……
ミステリアス(不可思議)な物事が主人公と交差していく。