このページのPV(2024年2月から計測)

あなたのお気に入り記事

  • お気に入りは空です
FavoriteLoadingお気に入りを全て消す

お気に入りリストが保存されました

姦淫特急 満潮 ☆4 「つるみくの代表作。凌辱列車発車しまーす」

つるみくエロゲー2008,エロゲー,エロゲー価格4k,エロゲー☆4,エロゲー属性「凌辱」,プレイ・閲覧注意!

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

ギル評価Ⅴ 作品名でGoogle検索 3,850円で評価

凌辱エロゲーメーカーの つるみく 、そのデビュー作です。

元々フルプライス相当の作品を廉価版にしたもので内容も十分、価格も安いということで☆4です。

このメーカーの作品は凌辱一本とみてまず間違いありません。

まずこのゲームは凌辱がメインというかそれしかありません。恋愛というより服従ですね。

後の作品だとその分類ではなさそうなものもありますが・・・

ヒロインとの過去からの因縁とかはなにもありません、ひたすら凌辱です。

なので凌辱抜きゲーと思ってもらってよいかと思います。

あとこのメーカーの特徴として奴隷・妊娠ENDの2パターンとハーレムENDが用意されてるものがほとんどだということです。

私の知る限りだと確か全ての作品がそうだったかと。孕ませ属性持ちの人も押さえておきたいメーカーですかね。

助手の美樹の肛門から出たウンコまみれのリンゴを食す林檎ちゃん。

食糞は微妙に好みではなかったのですがこのシーンは(・∀・)イイ!!

直接ウンコを食べるわけじゃないから平気なのかな・・・ よく分かりませんがこれはめっちゃ好みでした。

冒頭の内容と重複しますが、凌辱抜きエロゲーがやりたいならつるみく作品はオススメです。

凌辱エロゲーだけあってこの作品では他の男との絡みも多いです。後の作品も同じようなものだったかな・・・

後の作品の 夢喰い からは断面図が使われてるんですが・・・
夢喰いは一つ一つのシーンで作られてますが次回作からは使い回しが目立ちますね。

断面マニアの私としては残念です。手抜きの断面図ならいらないんですよ!

購入はこちらから(FANZAアフィリンク)



『乗車した人が消える列車がある───』。

そんな噂が、その手の話が大好きな人間達の間で近頃囁かれていた。

大半の人間は、『昨今の都市伝説ブームにあやかって流布しているにすぎない』と一笑に付し、さして気にも留めなかった。

だが───。
───列車は、実在した───。
特急『満潮(みちしお)』───。

二十年以上も前から進められていたという、特殊なメス奴●を発掘、開発する計画───『特別性奴創造計画』。

単なるメス奴●ではなく、飼い主が気を使わずとも主人のどんな要求にも応えられる、美しくも丈夫なメス奴●となる素質を持つ女を選抜し、育成する───
そんな計画のために、巨額の富を費やして開発された列車だ。

普段は、日本列島を縦断するという点以外は特に変わったこともない、
しいて言えば速度よりも旅を楽しむことを目的として様々なサービスを充実させたというだけの、極普通の特急車両。
だが二〜三ヶ月に一度、『満潮』は特定客に対してその本性を現す。

特定客とは、つまり───美しく魅力的な『女性』だ。

特定期間内にこの列車に乗り込み、選ばれてしまった女達は…列車を降りることを許されず、
その肉体を欲望のままに貪られ、●辱され、精神を病むまで鬼畜外道な行為に晒されるのだ。

そして生き残った女は、あらゆる外道な要求にも応えられる、最高のメス奴●となる───。

この特急列車は、政財界の名立たる面々がスポンサーとなって開発された、特殊な肉奴●開発用のいわば調教専用列車だった。

そして俺───『海堂 精治(かいどう せいじ)』は、裏社会のスポンサー共に選ばれた、この『満潮』の車掌だ。

この『満潮』において、俺にはあらゆる権利が与えられている。
女をどう扱おうと俺の自由であり、事が明るみに出さえしなければ、大抵のことは許されるのである。
それだけ、俺の能力が買われているということだ───。

───女を見繕い、磨き上げる能力が。

そして───二ヵ月半ぶりに、特急『満潮』は本来の役割を果たすときがやってきた。

車掌としての通常業務にも、そろそろウンザリし始めていたところだ。

久々に燃え滾る想いを胸に秘め、俺は野望に満ちた笑みを浮かべた───。