このページのPV(2024年2月から計測)

あなたのお気に入り記事

  • お気に入りは空です
FavoriteLoadingお気に入りを全て消す

お気に入りリストが保存されました

桃華散る ~少女剣士の報復は慟哭に満ちて~ ☆3 「美少女剣士がレイプされて復讐するというテーマに徹した作品」

アイルエロゲー☆3,エロゲー価格4k,エロゲー属性「凌辱」,エロゲー属性「エロ」,エロゲー属性「マゾ」,エロゲー2009,エロゲー

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

ギル評価Ⅲ 作品名でGoogle検索 3,980円で評価

アイル から販売されている今作。

タイトルからも分かる通り、美少女剣士がレイプされて男達に復讐する、というのをテーマにしたエロゲーです。

価格も抑えめで、まさにミドルプライスで可能な理想的バランスの取れたエロゲーですね。

よく出来たエロゲーですし、プレイして退屈もありませんが、突き抜けた良さもない、イマイチ良作に届きそうであと一歩届かない、そんな作品です。

オカズにもなりますが何年も何度もリピートするほどもないエロさです。

たまに気が向いたときにちらっとプレイしてオナるくらいです。

CG33

開始の冒頭から主人公の桃華がレイプされるところからスタートします。タイトルに偽りなし。

レイプされるまでの流れで日常シーンが来ます。少女剣士というのをアピールしてくれます。

主人公をレイプする四人衆。レイプ四天王とはこいつらのことだ!(嘘)

復讐するも返り討ちでレイプされます。膣内射精を嫌がる描写が実に良いですねぇ。( ´∀`)bグッ!

演技する主人公ですが感じてるのは事実。膣内射精寸前、チンポ抜き取る描写が実にエロい。
私も美少女に騎乗位してもらいながらこういうシチュを経験してみたい。もちろん復讐は抜きで。

上段左:手マンで感じる主人公。ほんのり見えてますが左の足先が実にエロい。
堂々と見えるよりうっすら見えるほうがエロスを感じます。

弟との望まぬセックスを強要されます。シチュは好物なんですが描写が惜しい!オナれるシコリティが足りないです。

購入はこちらから(FANZAアフィリンク)



本作品は、お求めやすい低価格帯のソフトです。
内容は重くて濃厚、笑いは一切無用。
主人公視点のナレーションで、感情をしっかりと描写していく形となります。

主人公は見ず知らずの男達によって悲劇に見舞われた、クールビューティーな剣道少女。
身も心も踏みにじられた……しかも理由も何も無く。
そんな理不尽さに、彼女は全身を震わせて慟哭する。
そして彼女は心の悲鳴に耐えかね……そして何よりも過去を振り払うために男達への報復行為に出ます。
だがしかし、そこに待っていたのは、さらなる恥辱。
または、たとえ報復に成功したとしても、自らの行為に恐れおののいてしまう。
そして彼女は、精神的にも肉体的にも追いつめられていく。
そんな姿を彼女自身の視点から、じっくりと描きます。

■作品内容
『理不尽な行為に身も心も狂わされた少女が、報復の情念にかられ、さらなる慟哭の渦中へと身を投じる』
そんな彼女をある日、悪夢のような出来事が襲った。
帰宅途中、見知らぬ4人の男によっていきなり背後から捕まえられ、ワンボックスカーに押し込まれる。
そして山中で彼らに……。
例えば、自分が男達の口車に乗って、のこのこついて行った……
そういう状況でもあれば、まだ自業自得だと思えたかもしれない。
あるいは、この者達の家族か何かを殺したなどの理由で恨まれでもしていれば、理解出来ない事もなかったかもしれない。
けれど、そうじゃない。
自分に落ち度もなく、この男達との面識もなければ、こんな仕打ちを受ける理由もない。
「たまたま目に付いた。」
ただそれだけのことで、心も体も踏みにじられた。
ただでさえ悪夢のような目にあったのに、その上理由すら無い。
理不尽さに、目もくらむような怒り、苦しみ、悔しさを覚える桃華。

やがて彼女は
「男達の存在を私の中から消し去らなければ、私は一歩も前に進めない」
と考えるまで精神的に追いつめられ、男達への報復を決意する。
そうして桃華の、自分を汚した男達を探し求める日々が始まった。
警察の手など借りない。自らの手で報復を果たす。
ただそれだけを目的に、木刀を収めたバッグを手に夜の街へと向かう桃華。

――そして1ヶ月後。

やっと4人の男達を発見した桃華は、報復行為に出ようとする。
だが、一瞬の隙を突かれて囚われてしまった彼女は再び恥辱を味わわされる。

屈辱に満ちた時間が終わった後、男達のリーダーは桃華を解放してこう言った。
「俺達に報復したいんだろ? 面白い、やってみろ」……と。

こうして彼女は、抑えきれない激情を胸に夜ごと街へと赴く。
男達が待ちかまえている事を承知の上で……。