あなたのお気に入り記事

  • お気に入りは空です
FavoriteLoadingお気に入りを全て消す

お気に入りリストが保存されました

戦国†恋姫X ~乙女絢爛☆戦国絵巻~ ☆4 「戦国時代が美少女だらけになって圧倒的なボリュームでお腹いっぱいになれるキャラゲーです。深く考えずにニャンニャンラブコメ楽しみたいなら珠玉の作品です」

BaseSonエロゲー☆4,エロゲー属性「エロ」,動画・音楽,PS4,三国・戦国,エロゲー価格8k,エロゲー属性「プレイ動画あり」,エロゲー属性「キャラ」,エロゲー2013,エロゲー

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

ギル評価Ⅳ 作品名でGoogle検索 8,423円で評価

2020.12.16 記事作成。 2021.01.02 プレイし直し完了、総評追記 2021.08.12 PS4で非エロ版が販売開始 2021.10.28 プレイ動画追加 2022.01.11 表示修正 2022.03.08 今月末に戦国恋姫EX壱が発売予定なので日時更新

BaseSon より販売されている今作。 三国志をテーマにした恋姫 の戦国バージョンですね。

2016年頃、実に4年以上前にプレイした記憶がありますが、ボリュームはスゴイですがイマイチだった記憶もあり、面白い記憶もあり、よく覚えてません。暫定で☆4としてます。

なので、これからプレイしていって日記風に感想を分けて書いていって、最後に総評、という記事にします。(本来ブログはこういうものかも知れませんが。。。)

2021.08.12 こちらはPS4版。どうも全年齢の無印PC版をベタ移植しただけみたいですね(Amazonレビューより)。追加シナリオはもちろん、Xで収録されている北条編すらないので今から買うとなると微妙な立ち位置のタイトルですね。

戦国恋姫といえば、私はOPが好きです。未だにお気に入りの歌です。

「ま~わるときのなかをぬ~けたなら、そ~ら~に、て~ら~し~て~ぞかざす~↑」は気持ちが燃えるフレーズです。

OPは全年齢版が普通のアニメOPで描き下ろされており、歌自体も良曲で素晴らしい出来です。

エロゲーのXはこちらのOPになってます。よくあるエロゲー形式のOPなので、私は全年齢版のほうが好みです。

2021.10.28 序盤のプレイ動画

CG290 ※SD13枚含む CGが他エロゲーと比べて3倍以上とすごい枚数です。

CGは圧巻ボリューム

今は第五章、美濃を手に入れた辺りまで進めました。メインヒロインの久遠(織田信長)がまさに正統派メインヒロインというキャラで可愛いです。

ここまで進めた感想としては、とても面白いですね。

主人公と久遠との出会いとか、ひよ(木下秀吉)や転子(蜂須賀小六)を仲間にするところとか、三若との絡みとか、詩乃(竹中半兵衛)を熱烈スカウトする流れとか、うーん、書き出したら切りがないですが、とても面白いです。

昔のプレイした時の記憶では終盤がつまらなくなった記憶がしますが、また今プレイしたら新たな発見があるかも知れないのでプレイを続けます。

2020.12.16
2020.12.22

第九章まで進めました。堺で足利将軍と会って、美濃に帰る途中にお市と真琴(浅井長政)に会ってから美濃についた辺りですね。

何やら久遠が今後の主人公の取り扱いに企んでるという伏線があります。

気づいたこととしては、鬼が出てくるとつまらなくなります。ヒロイン同士、人間同士の戦いのドラマが見たいのであって、よくわからん化け物とヒロイン勢の戦いが見たいわけではない。

鬼が絡まないシナリオはまだそこそこ面白いです。記憶にあるつまらない、というイメージではまだないですね。

足利将軍の部下の幽( 細川藤孝 )は事情あってお金に汚い守銭奴キャラになってます。飄々としたヒロインという感じで個人的にポイント高いですよ~。

足利将軍の妹の双葉は可愛い、久遠の妹のお市は元気ロリ。詩乃は隠れ目で目が見えたときの萌え狙いはあざと可愛い。久遠はツンデレっぽく可愛い。

ってみんな可愛いじゃねえか!

2020.12.25

第十二章 下 まで進めました。なんのかんのあって、梅を仲間にした辺りです。足利将軍の号令で進軍を開始した久遠たち。いよいよ久遠の剣丞に対する企みが明らかにされそうです。

エッチシーンもまだないし、この辺りでは正直中だるみになってきます。

つまらないとかではなく、尺が長すぎるという。前フリで他のエロゲーは2時間かけてるなら、今作は10時間かかってもまだ前フリが終わりそうにないというイメージです。

非エロゲーの無印版に無理やりエッチシーンをくっつけてテキスト増やしたから、冗長なシナリオになってしまったのかな・・・?

無印版はプレイしたことないので分かりません。

森一家の小夜叉( 森長可 )と桐琴( 森可成 )は戦闘狂です。
そして鬼の子とかいう死に設定が語られるシーン。鬼が女性を孕ませて生ませたハーフの鬼はめちゃ強いってやつですが、最後までちゃんと使われることのなかった死に設定です。

綾那( 本多忠勝 )にキチガイ扱いされる森一家です。綾那も十分キチガイなんですけどねw こんないい笑顔でキチガイいう娘はこの娘くらいです。

小波( 服部半蔵 )かわいい、梅( 蒲生賦秀 )は捕縛後ツンですが、ソッコーで惚れてコントみたいになってます。

2020.12.31

第十八章まで進めました。
やっと久遠の企みが明らかになり、やっとこさエロシーン解禁です。

鬼に占領された城に攻め込んだら罠で逃げ延び、その時、殿を務めた桐琴が死にます。

最後は美空( 長尾景虎 )が色々思惑あって助けに入り、拉致されるという流れです。久遠とは現在離れ離れになってます。

長らく引っ張ってきた久遠の企みがようやく明らかになります。

そして雫( 黒田官兵衛 )も登場し剣丞隊に入ります。剣丞隊も大所帯になってきましたね。

桐琴死す。今後登場はしません。
07 桐琴死すHDモザイク

ここまでプレイしてきて、なにが面白くない記憶につながったのか分かってきました。
というか思い出したのかもしれません。

それはシナリオが長すぎる、これに尽きます。

この辺は 真・恋姫†無双 ~乙女繚乱☆三国志演義~ ☆5 がうまいことやってましたね。

魏呉蜀の勢力ごとに分けることで、シナリオを冗長に感じることを回避していたと。同ブランド同シリーズの今作で失敗してるので結果論かと思いますが。

今作のシナリオが一本道なのも冗長に感じる原因の一つでしょうね。

この特大ボリュームならルート分岐くらいは仕込んでおいたほうが良かったです。

2021.01.01

本編クリアまで進めました。

いや~、本当に長い。長過ぎる。プレイに飽きてしまいますね。

まだ北条編が残ってるので総評はそれからにしますが、もうなぜイマイチな記憶だったのか、はっきり分かりました。

ここまでの文章を読んでれば予想はつく内容ですが、北条編クリア後にまた改めて書きます。

どやっ!どやどや!どーん!の愛菜。

口癖を真似したくなるセリフです。ゲーム中でも綾那に真似されてます。

BGMの演出もあって本編最高最後の見せ所です。短いシーンですが熱い!とっても!!!

本編エンディングは主要メンバーだけでの結婚式。全員じゃないのか!

2021.01.02

北条編クリアしました。まさに追加シナリオで余分なものがついてなかったので純粋に楽しめました。

朔夜( 北条氏康 )がエロババアでたまらんです。

娘に「あなたのお母さんとはセックスフレンドです」って言えるか!と苦悩する剣丞に笑えましたwww

総評:4年ぶりにクリアし直してどういう作品だったのか思い出したので書きます。

まず、今作はとてもキャラが面白いキャラゲーです。この辺は恋姫のクオリティですね。

エロに関しては普通です。悪くもなく良くもなく普通。

そしてボリュームがすごすぎです。ただし今作に限っては長所ではなく、短所となってます。

キャラゲーで話は面白いのですが、ボリュームがありすぎてプレイ中に飽きてしまうのです。

真・恋姫†無双 ~乙女繚乱☆三国志演義~ ☆5 では魏呉蜀と3ルート+おまけ漢ルートで分割されており、ルート切替時に気分も切り替えてプレイすることが出来ました。

ところがこの戦国†恋姫Xではルートが1つしかなく、一本道でとてつもなくシナリオが長いのです。これでは面白くてもさすがに飽きてしまうというおかしな感想になってしまいます。

シナリオがとてつもなく面白いのであればむしろ長所になりますが、あいにく普通に楽しめるというレベルなので、食傷気味になってしまい短所です。


評価としてはめちゃくちゃ迷いました。長所で見れば☆5でもあるし、短所が気になれば☆1でもある。

率直な感想として、悪いところはあるが良いところも多く良作である、という気持ちが強かったので☆4としました。プレイし直す前に暫定でつけた☆4のままですね。

悪いところはいっぱいありましたが、もし続編が出れば迷わず買いたいレベルで楽しめました。

戦国†恋姫の続編の噂はまったくなく、 片桐雛太さん は2020年11月にネクストンを退職、 K.バッジョさん は2018年2月に退職されてるので、もう恋姫続編は期待できないのかな。。。 つよきす2学期 みたいな悲劇になるくらいならこのまま終了したほうがよいですが。

真・恋姫†夢想 革命 はK.バッジョさんが外れてからも制作されていたので、今後の恋姫はまだまだ終わりじゃない可能性もあるので希望は持ってます。

恋姫の今後の話になってしまったので戻しますが、戦国†恋姫Xはボリュームが凄まじく食傷気味になってしまうが楽しめる良作、というのが結論です。 2021.10.07

なんと、ついに戦国恋姫の続編新作が発表されました!いやーこれは、これは楽しみですぞ!!!

戦国†恋姫EX ティザーサイト からご確認下さい!

購入はこちらから(FANZAアフィリンク)






目を覚ませばそこは戦国乱世。
そして、一人の少女――――。

主人公・新田剣丞は、伯父である北郷一刀の元で修行に励む日々を送っていた。
ある日、蔵で見つけた刀を手にした瞬間、剣丞は意識を失い────
気がつくと、光輝く刀を握りしめ、見たことのない風景の中に居た。

そこで出会った一人の少女。
自らを『織田 三郎 久遠 信長』と名乗った少女は、呆然とする剣丞に手を差し伸べる。

『我の夫となれ。そして共に天下への道を歩もうぞ!』


信長と名乗った少女・久遠とともに戦国時代を過ごす剣丞は、
やがて日の本に渦巻く異形の者の存在に気づく。
人を喰らい、生き血を啜る異形の者・鬼は、呟く。

『失われた当世の器、異史よりきたれり』
『今こそ合一の刻────』

権諜術数渦巻く人の世と、人を喰らう鬼との壮絶な戦いのなか、
少年と少女は傷付きながらも立ち上がり、各地の有力大名に檄を飛ばした―――。

『この日の本を救うため、我が下に集え! もののふたちよ!』